キーワード
(スペースで区切って複数の単語を入力できます)
キーワードがすべて含まれる  
キーワードのいずれかが含まれる
業種分類
材料分類
加工分類
認定年度
該当する企業は11社です。
ドリームキャッチプロジェクト認定プランはこちらから
…KOBEドリームキャッチプロジェクト
   認定プランはこちらから
主要製品・機械設備はこちらから
…主要製品・機械設備はこちらから
得意技術や独自製品の情報はこちらから
…得意技術や独自製品の情報はこちらから
  • 株式会社糸井樹脂製作所
    株式会社糸井樹脂製作所

    プラスチック製品製造業

    初回認定:平成19年度
    精密樹脂製品を短納期機械加工で対応!
    エンジニアリングプラスチックの精密加工を柱とし、産業機器・医療器・食品機器部品の試作から量産までの、一貫生産を行っています。
    ・とりわけ小型精密樹脂加工に優れた技術力を持っている。
    孔径0.3Φの穴明け加工、2mm□の小物部品、寸法精度10μなど。
    ・ファントム、医療、研究開発等の用途向け精密樹脂加工製品を非常に短納期で対応できる蓄積されたデーターと加工技術を持っている。(納期はご相談下さい)

  • 株式会社大野社
    株式会社大野社

    プラスチック製品製造業

    初回認定:平成11年度
    更新認定:平成24年度
    パッキン・ガスケットのシール技術
    @ポンプ バルブなど摺動部に使用されるパッキン、 配管継ぎ手 エンジン ボイラーなどの固定部分に使用されるガスケットの工業用シール製品
    材質は金属、ゴム、樹脂、天然繊維、合成繊維 炭素繊維 等多種
    Aふっ素樹脂をなどのエンジニアリングプラスティックの成形加工及び機械加工
    PEEK ベスペル等の高機能樹脂の加工も行ないます。
    B薄板特殊鋼を主とするレーザー切断から曲げ溶接まで精密板金・製缶

  • 神戸バイオロボティクス株式会社
    神戸バイオロボティクス株式会社

    プラスチック製品製造業

    初回認定:平成18年度
    オンリーワンよりネクストワン!
    当社は社名の示す通り理化学・バイオテクノロジー分野におけるアッセンブリーロボットに用いられるプラスチック器材の開発を主体とした企業です。特に2次元コードを付与した保存チューブは大手製薬メーカーやバイオバンク、大学の研究施設でのサンプル管理に欠かせないものとなってきました。日本はもとよりアメリカ、ヨーロッパ諸国で特許を取得した「ジャケットチューブ」は、3種類の表現方法(1Dバーコード、2Dバーコード、ヒューマンリーダブルナンバー)でレーザー処理されている世界唯一の次世代保存チューブです。保存チューブの危機管理(情報消失)を限りなく追及したこの商品は、競合する海外の企業の商品と比べても優位性を持つ商品です。この製品は2011年度グッドデザインひょうごの<ユニバーサルデザイン>部門賞にも選定されました。

  • 双和化学産業株式会社
    双和化学産業株式会社

    プラスチック製品製造業

    初回認定:平成14年度
    更新認定:平成25年度
    FRP防水システム「ポリルーフ」
    当社は、FRP(ガラス繊維強化プラスチック)を用いた屋上防水システム「ポリルーフ」の開発、製造、販売を行っております。FRPの30年以上にも及ぶノウハウ、実績を集積させて開発されたFRP複合防水工法「ポリルーフ」は、大型店舗における屋上駐車場や木造住宅バルコニーでの独自工法を確立し建築物の軽量化、大幅な工期短縮、さらにはコストダウンに貢献し、日本の建築防水業界に大きな波紋を引き起こしました。

  • 日精テクノロジー株式会社
    日精テクノロジー株式会社

    プラスチック製品製造業

    初回認定:平成22年度
    超精密加工技術
    超精密金型製作技術(レンズ金型)
     中心ズレ精度1ミクロン以内のレンズ金型を自製化する設備インフラと周辺管理技術を構築し、更にプリズム、回折格子等、受注可能範囲を広げる技術レベルの向上に努めています。
    超精密成型技術(レンズ成形)
     設計段階で成形した曲面を金型・製品に完全に転写し、量産時、その再現を安定持続させる技術を確立しています。
    高速エンプラ成形技術(部品製作)とアウトサート成形技術(メカトロ分野)
     エンプラ超精密ギヤー成形技術やエンプラとメタルの成形・プレス加工の融合(アウトサート成形)技術。

  • 根村産業株式会社
    根村産業株式会社

    プラスチック製品製造業

    初回認定:平成14年度
    更新認定:平成25年度
    射出成形による精密加工プラスチック製品の大量生産技術
    お客様の希望プラスチック精密加工製品を、長年培った蓄積技術を生かして、金型設計の段階から成形加工までプラスチック成形加工開発を行なう技術。お客様ニーズの製品を製造するための最適な金型設計を行い、且つそれを用いた加工条件を自社で技術開発する。その他ピン打ち込みなどから、プレス加工、超音波溶着、ホットスタンプ印刷まで行なう加工技術を有し、製品組立まで一貫して行なうことも可能である。離型を容易にする方法や、固着しやすいモノを固着させずに製作する技術。機械設備や工具など、成形サークル上や業務に関わるものに対して、高効率化を目指し最適になるように独自の技術でカスタマイズを行っている。

  • 株式会社ハンシン
    株式会社ハンシン

    プラスチック製品製造業

    初回認定:平成11年度
    更新認定:平成24年度
    樹脂と金属の組み合わせた部品
    加工機械の種類が豊富で樹脂及び金属とも複雑な形状の多種多様な製品を適正な加工機で加工することができます。樹脂と金属の組み合わせ製品では、永年積み重ねた技術により、各々の長所を活かした製品が製作できます。

  • 深江化成株式会社
    深江化成株式会社

    プラスチック製品製造業

    初回認定:平成18年度
    高度な超微細加工技術に裏付けられた確かな開発力
    成形技術では不可能といわれていた超微細加工を、レーザー加工や後加工を施さず、射出成形のみで実現。自社製品だけではなく、産学連携による研究開発をはじめ共同開発にも力を注ぎ、生命科学の発展に大きく貢献しています。

  • 叶ッ野製作所

    プラスチック製品製造業

    初回認定:平成26年度
    YAGレーザーによる精密な肉盛り溶接を得意とします!
    金型は様々な業界の部品を製作するマザーツールです。その金型には、長年の使用による摩耗や生産中のトラブルによるキズ、さらには設計変更がつきものです。その対応策として金型の肉盛り溶接が行われていますが、一般的に行われているTIG溶接などでは、熱によるひずみ・ヒケ・ピンホールなどの不具合が発生することが多々あります。
    それらの問題を解消する技術がYAGレーザーによる肉盛り溶接です。
    ドイツ製のYAGレーザー溶接機を用いて、金型の微細な肉盛り溶接を行っております。必要最小限の肉盛りで後加工を大幅に短縮し、さらには熱による悪影響がほとんどありません。10年以上にわたり培ってきたノウハウで、お客様の要求にお応えします。
    弊社の技術は多くの金型メーカー様より高い評価を頂いております。

  • ユタカ産業株式会社
    ユタカ産業株式会社

    プラスチック製品製造業

    初回認定:平成12年度
    更新認定:平成24年度
    加工性が悪い樹脂・セラミック・断熱材の加工はおまかせください
    当社は樹脂・セラミック・断熱材の加工メーカーです。お客様から図面をいただき、材料は自社で購入あるいはお客様から支給していただき、マシニングセンター、NC旋盤などの工作機械を使って、様々な樹脂・セラミック・断熱材を加工し、機械部品・電気絶縁部品など製造業全般における部品を製造しています。主な特長は以下の通りです。
    @樹脂・セラミック・断熱材全般を扱っているが、特に以下の様な加工性が悪い材料を得意としている。
    ・ガラス繊維やカーボン繊維と樹脂の複合材(FRP、GFRP、CFRP)
    ・断熱材・耐熱材(ガラス繊維、セメント、マイカなどを主原料とした硬質断熱板)
    ・セラミック
    ・カーボン
    A樹脂・セラミック・断熱材全般を扱っているので、ほとんどの材料を供給可能。
    Bマシニングセンター、NC旋盤、研磨機、歯切盤など様々な機械により大抵の形状は製作可能(外注所有設備を含む)。
    C1個か...

  • 株式会社若林精機工業 神戸工場
    株式会社若林精機工業 神戸工場

    プラスチック製品製造業

    初回認定:平成13年度
    更新認定:平成25年度
    「ピカイチ」の製品をご提供します!
    当社は特殊構造金型技術と熟練の技と経験で、穴交叉部にバリの無い極めて精密な部品を多品種、極少量生産で供給します。そして、成形工程と切削工程を自社で行えるため、金型設計時点で、後加工を考慮した成形化設計ができます。医療機器等の高精度ニーズに応えるエンプラ・スーパーエンプラ樹脂の切削加工と射出成型加工を行っています。切削技術と成形技術、そして、バリ取り技術で「ピカイチ」製品をご提供します。