「神戸発・優れた技術」とは

 神戸市内の中小製造企業においては、得意技術や独自技術分野でトップレベルの技術力を持ち、高いシェアを占める製品・商品を製造している企業が少なくありません。
 神戸市産業振興財団では、このような優れた技術を持つ企業を、平成9年度から「神戸発・優れた技術」として認定しており、財団ホームページや冊子を通じて紹介しています。認定企業にはビジネスマッチング、展示会への出展などの販路開拓、首都圏のビジネス拠点の提供、経営や技術に関する情報提供、広報などさまざまなメニューで企業の発展を支援しています。また「経営課題の解決」を目的に、認定企業による交流会が創設され活発な活動が続けられています。

対象企業

  • (1) 市内に本社または事業所(工場等の生産・開発を行う事業所等)を有し、1年以上事業を営む中小企業とする。中小企業とは中小企業基本法第2条に規定する中小企業者をいう。ただし、みなし大企業は除く。
  • (2) 総務省統計局の「日本標準産業分類」の製造業及び製造業にかかる情報サービス業等。但し、一部の製造業は対象外とする。
  • (3) 国内トップレベルにある「優れた技術」を持つ企業

認定にあたっての審査基準

以下の評価基準を元に、審査会にて認定企業を決定します。
  • (1) 得意技術・独自技術分野等で国内トップレベルの高い技術を有している。又は、地域の特長・特殊性・強み等を活かした技術が高いレベルである。
  • (2) 1)項を適用・応用した製品の機能・性能・品質等が優れている。
  • (3) ISO9001の認証取得や技能検定資格者等を有し、品質管理に優れ、そのマネージメントシステムが有効に機能している。
  • (4) その製品が全国的に高いシェアを占めている。
  • (5) 確立された企業理念をもって、持続的企業経営を行っている。

シンボルマーク

「神戸発・優れた技術」シンボルマーク  平成18年に認定企業が100社を超えることを機に、シンボルマークを公募。応募総数50点のなかから選ばれたこのシンボルマークは「神戸の「K」をモチーフに、様々な技術を表し、羽ばたく羽で「神戸発」をアピールしたデザイン」です。認定企業ステッカーや各社のホームページなどで「神戸発・優れた技術」認定企業のPRをサポートしています。

認定企業への支援メニュー

  • (1) 「神戸発・優れた技術」ホームページ上に認定企業として掲載されます。
  • (2) 認定企業データブック「Made in KOBE 神戸のイチオシ技術力です」を毎年発行し、全国の大手企業、支援機関、主要技術系展示会、関係各所に配布し、広報支援を行います。
  • (3) 国内最大級の専門展示会「機械要素技術展」および神戸ものづくり中小企業展示商談会他、技術系展示会の出展推薦を行います。
  • (4) 新製品発売などのプレスリリース(マスコミ発表)を支援します。
  • (5) ものづくりに関するセミナーや助成金などの情報提供メルマガを配信します(不定期)。
「Made in KOBE 神戸のイチオシ技術力です。」27年3月発行 2015年度版

「Made in KOBE 神戸のイチオシ技術力です。」
27年3月発行 2015年度版

「神戸発・優れた技術」認定企業サイン

認定企業サイン

認定企業交流会

 認定企業の経営者有志6名が核となり「会員企業の経営課題解決ができる組織を作ろう」と呼びかけ、平成20年9月に設立されました。会員企業は認定企業の半数を超える57社(27年3月現在)。2月と5月の年2回、予算・決算、活動の計画および報告を行う総会を実施。同時に講演会と懇親会、見学会を開催し、研鑽と会員相互の交流が活発に行われています。
お問い合わせ先
公益財団法人神戸市産業振興財団 経営支援部 ものづくり支援課
神戸市中央区東川崎町1丁目8−4 神戸市産業振興センター6階
電話078-360-3208 FAX078-360-1419